ダメージへアの原因

美髪になるためには、ダメージヘアになってしまう原因を取り除くことが大切です。
そこで、いまから、どういったことをすると、ダメージヘアになってしまうかについて、
お伝えします。

 

 

ダメージヘア4つの原因

髪のケア

 

美容院での施術

まずは、美容院での施術がダメージヘアを引き起こします。
綺麗になるために通っている美容院で、髪を傷めているなんてショックですよね。
なかでも、パーマやカラーリング、ストレートパーマなど、化学薬品を使用しているため、
ダメージヘアになりやすくなります。

 

しかし、施術後のケア次第では、ダメージを最小限に抑えることができるので、
しっかりトリートメントをしていきましょう。

 

シャンプー

そして、シャンプーの方法によっては、ダメージの原因となってしまいます。
シャンプーは、毎日する人が大半だと思うので、ここで正しい方法を身につければ、
飛躍的に改善します。

 

髪の毛は、濡れている状態ではとくに摩擦に弱いので、しっかり泡立ててから、
洗浄しましょう。

 

ドライヤーの熱

次は、ドライヤーの熱です。
最近は、ドライヤーが進化し、出力ワットの高いものが出ています。
早く乾くというメリットがある反面、髪にダメージを与えやすくなるので、

 

長時間同じところに当てない工夫をしたり、洗い流さないトリートメントを使用して、
保護することをお勧めします。

 

紫外線

最後は、紫外線によるダメージです。
紫外線は肌にダメージを与えるのと同様、髪の毛にもダメージを与えます。

 

ですから、外出する時は、帽子をかぶったり、日傘をさすなど、
できるだけ紫外線を避けることを心がけましょう。


 

 

圧倒的な人気を誇るヘアケアグッズ