洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントは、髪をダメージから守ったり、ツヤを与えたり、
スタイリングがまとまりやすくなるため、非常に人気のアイテムです。

 

この洗い流さないトリートメントは、私がお薦めしているラサーナなどをはじめ、
さまざまなメーカーから出ており、
オイルタイプやクリーム、ジェル、ミストタイプなど、色々なタイプがあります。

 

 

4つのタイプ

オイルタイプ

髪のケア

 

まず、オイルタイプは、油分が多いのでコーティング力が強く、ツヤが出ます。
髪のダメージが大きい場合にはオススメです。

 

「しっとり」とした感触になるのが特徴で
つけ過ぎると、べたつくので、適量つけましょう。

 

クリームタイプ

髪のケア

 

そして、クリームタイプは、髪にもなじみやすく、しっとりした仕上がりになります。
オイルタイプほどではありませんが、ダメージ補修力もそこそこあります。

 

感触はみずみずしさはあるものの、
しっとりとまではいかないので、べたつくのが嫌いな人にはぴったりです。

 

ジェルタイプ

髪のケア

 

また、ジェルタイプは、髪の内部への浸透力が良好なので、髪にダメージがある人や、
保湿効果が欲しい人にはお勧めです。

 

ジェルなので、感触はかなりしっとりします。
ふんわりしたヘアスタイルにしたい場合は向きません。

 

ミストタイプ

髪のケア

 

最後にミストタイプは、手が汚れず、手軽に使用できるところがポイントで、
スタイリングローションとしても、使用できます。
ダメージ補修力は、正直弱いです。

 

感触はサラサラとした感じでふんわりとした動きのあるヘアスタイルにしたい場合は、
一番よいと思います。

 

 

洗い流さないトリートメントの使い方

使用方法は、商品によっても異なりますが、基本的には、髪の毛を乾かす時、
タオルドライをしたあと、毛先を中心になじませます。
その後、ドライヤーをかけて仕上げます。

 

また、乾いた髪の毛にも使え、髪の毛を乾かした後に使用すれば、
太陽の光やほこりなどから、髪の毛を守ることができます。

 

 

普通のトリートメントとの違い

これらの洗い流さないトリートメントは、シャンプー後に使用するトリートメントと、
役割は同じです。
しかし、洗い流すタイプのトリートメントは、洗い流すことが前提として、
作られているため、陽イオン界面活性剤が多く入っています。

 

この陽イオン界面活性剤が多く含まれていることによって、静電気から髪を守ったり、
ほこりが付着しにくくなる効果もありますが、頭皮に刺激を与える可能性があります。

 

 

ですから、洗い流すトリートメントと、洗い流さないトリートメントを併用することで、
両方もメリットを活用でき、美髪効果が高まります。


 

 

圧倒的な人気を誇るヘアケアグッズ

 

 

洗い流さないトリートメント関連ページ

シャンプー
トリートメント
ホホバオイル
シアバター
サプリメント