乾かし方

髪の毛のダメージを最小限に食い止め、美髪になるためには、
髪の毛の乾かし方も重要です。

 

 

髪は3つのステップで乾かそう

タオルで乾かす

髪のケア

 

まず、ドライヤーの熱から髪の毛を守るためには、ドライヤー前のタオルドライを、
しっかり行いましょう。

 

しかし、髪の毛に摩擦を与えてしまっては、キューティクルを剥がしてしまうことに、
なりかねません。
ですから、タオルドライをする時は、頭皮をつかむようにして、
地肌についた水分を取りましょう。

 

トリートメントを塗り込む

髪のケア

 

そして、ある程度水分を取り除いたら、洗い流さないトリートメントを毛先を中心に、
塗りこみます。
この時も、髪の毛をこすり合わせると傷み、切れ毛や枝毛の原因となってしまうので、
やさしく押えながら、つけていきます。

 

また、この洗い流さないトリートメントは、
シャンプー後のトリートメントと役割が異なり、ドライヤーの熱や、
ブラッシングをする時の摩擦から、髪の毛を守ることができます。
こうして、ここまで準備が整ってから、はじめてドライヤーをかけます。

 

ドライヤーで乾かす

髪のケア

 

ドライヤーをかけるときは、頭皮を中心に乾かしていきましょう。

 

そして、ある程度、風の力が強いものをお勧めします。
その方が、短時間で乾かすことができ、ドライヤーの熱を当てる時間を、
短縮することができます。
だからといって、近付けてしまうと、熱でダメージを受けるので、
ドライヤーと髪の毛との距離は、最低でも15cmは離すようにしましょう。

 

あとは、乾かすときのコツとしては、襟足から順に乾かし、
次第に上側へと、乾かしていきましょう。
その方が、ふわっとした仕上がりになり、その後のスタイリングが、しやすくなります。


 

 

圧倒的な人気を誇るヘアケアグッズ